HOME > コンセプト
コンセプト 基本理念・経営方針・ごあいさつ
与えられた役割を担って、価値を認められしっかりと存在する

一人でも多くの地域のお年寄りに、健やかな日々を送ってもらえるように…。
当法人の創設にあたって土地の確保、施設の建設に、高知心臓血管外科の患者の方々をはじめ、個人、法人の方々から多くの寄付をいただきました。
皆さんの温かい心が集まって誕生した、ザ・ハート・クラブ。
有形無形の応援をくださった皆さんの思い、志を大切にしながら、老人福祉の一隅を、お年寄りの心を、明るく温かく照らし続けたいと思います。

法人沿革

1993年3月22日
1993年6月23日
1994年4月1日
1994年4月1日
1994年6月1日
1994年7月1日
2000年4月1日
2006年4月1日
2012年3月1日
2012年6月1日
2014年3月24日
社会福祉法人 ザ・ハート・クラブ設立認可
施設建築着工(日本自転車振興会等の補助・医療法人厚洋会等寄付)
施設建築竣工
特別養護老人ホーム[スウィート・ハート・ホーム]事業開始
ショートステイ事業開始
デイサービスセンター[サムフォット]事業開始
介護保険施設として事業開始
介護予防サービス事業開始
スウィート・ハート・ホーム30床増床 ショートステイ6床増床
居宅介護支援事業所[ポム]事業開始
小規模多機能型居宅介護事業所 サイタ 事業開始
デイサービスセンター・ショートステイセンター サイタ 事業開始
経営指針 利用者・家族に優しい施設を目指します。地域社会への貢献を目指します。施設の充実と発展を目指します。
お年寄りたちを輝かせたい

長い間社会のさまざまな場面で、力を尽くしてこられたお年寄りたちは私たちの宝物です。
そのお年寄りたちが一日一日を生きがいを持ちながら、輝いて暮らせるように、常に心のこもった最良の支援を行うこと…それが私たちの使命であると考えます。
また、ご家族の方々の日々の負担を軽くし、安心して暮らせるように、そして地域の方々との交流や連携を大切にしながら地域福祉の拠点としての役割を果たせるよう、力を注ぎます。

ごあいさつ 理事長 武政 茂子

 社会福祉法人ザ・ハート・クラブが運営する、特別養護老人ホーム スウィート・ハート・ホームは、高知では初めての都市型老人ホームとして平成6年に設立されました。
 『ハート』の名称は、創設者 武政厚男が心臓血管外科医であったことに由来します。
 施設の近辺土佐道路沿いには、大型のショッピングセンターや多くのレストランがあり、ご家族や親類、知人、友人の方々が、お買い物のついでに、またお仕事の帰りにいつでも気軽に立ち寄ることができるようにと、交通の便のよいこの朝倉の地に建設致しました。
 建物の外観は南国の地にふさわしく、南面は太陽の光を取り入れるため半円形の斬新なデザインとなっており、どの居室も南に面しとても明るく爽やかです。
 玄関を入りますと2階まで吹き抜けのホールが、明るさをより一層際立たせております。施設に足を踏み入れると、なんとも言えない穏やかな雰囲気に癒されることでしょう。
 職員一同、地域に開かれた施設を目指し、いつも気持ちのよい笑顔と挨拶で皆様をお迎え致します。施設見学やご相談、楽器演奏、ダンスなどのボランティアも随時受け付けておりますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

ごあいさつ 施設長 武政 佐保

 誰もが住み慣れた地域で、生きがいのある毎日を過ごしたいと望み、健康で安全な生活を笑顔で送りたいものです。
 サービスの質を落とさず、向上させる中で健全経営を確立し将来に向けて財政基盤の強化を図り地域へ還元することは社会的責任であり、社会福祉法人の使命でもあります。
 全職員が「どうすればより良いサービスを提供できるか」「ニーズに応えられているか」を常に意識し行動する、そして法人は行動できる体制を整える。
 そこには多くの時間を費やすことも、過程では迷いや不安もあることと思います。しかしその結果、利用者の満足が生まれ、家族や地域の皆様、職員と共に感謝、感動できると信じています。
 利用者、家族、地域そして職員と心と心で繋がる付加価値を創造していきたいと思います。
 社会福祉法人ザ・ハート・クラブが「一隅を照らす」存在となり得るよう、誠の精神をもって努めてまいりますので、皆様、ご協力、ご指導を心からお願い申し上げます。

サービスに関するお問い合わせは 代表088-840-7100 サムフォット088-840-7222受付時間8:30〜17:30 ポム088-855-3710受付時間8:30〜17:30
ショートステイ空床情報 新着情報 職員採用情報 年間行事のご紹介 スタッフの声
お問い合わせフォームへ